GlueLangの仕切り直しメモ

Pocket
LINEで送る

突然情報の学科からロボットの学科に戻ることになって止まっていたGlueLangの開発をちょぼちょぼと再会することにしました。

ただ、ドキュメントがないと開発の指針も立たないし、何やってるか外から分からないので、ドキュメントを作っていくことにしました。

ドキュメントはこちらです。このドキュメントのソースはこっちです。

GlueLangのリポジトリはこちらです。

Pocket
LINEで送る