「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」という本を書きました

Pocket
LINEで送る

ロボットにラズパイを載っけてROSで動かすという流行りもの全部乗せの節操のない本を書きました。3月30日に出ます。以前の日経Linuxの連載をまとめて、原型を留めないほどROS化したものです。本日校了ということで、9月から12月までは執筆、1月からは書き直しや校正と、充実した地獄が終わりました。

 

 

まさか自分がROSの本を書くとは思っていませんでした。私のROSに関するコントリビューションは、たまにROS Wikiを翻訳するくらいです。あんまりROSのコミュニティーに仁義が切れてないのは、別のコミュニティーをやってる身としては褒められたものではないという認識なのですが、日経Linuxの内容を強化する上でROSが避けられず、自分も真正面から扱うことにした次第です。

本の中ではこんなことをしています。

内容は大学の講義や実習を想定しています。4月からの講義にはギリギリですが、ぜひ本を手にとっていただければと。

Pocket
LINEで送る