自己紹介

  
上田 隆一

上田隆一

  

  • @ryuichiueda
  • 1978年2月、富山県小矢部市生まれ
  • 仕事
    • 研究と教育: 大学に勤務
    • 執筆: 雑誌記事、本
    • 興行師: 学会・勉強会の開催
  げんきばい

職歴

  

  • 2004年-2009年: 東大の助手・助教
  • 主な仕事
    • ロボットの研究
    • ロボカップで世界を転戦(左下の動画)
    • 教科書の翻訳

  • 2009年-2013年: 新橋のサラリーマン
  • 主な仕事
    • 営業以外の会社のこと全般
    • コミュニティーの形成(USP友の会
    • 社外教育用のテキストや雑誌記事
      (技術評論社Software Design)、書籍の執筆
    • 「シェル芸」という言葉を作る

 kaigan 

  • 2013年-2015年: 産業技術大学院大学の助教
  • 主な仕事
    • 研究・教育(社会人の専門職大学院)
    • 雑誌記事(日経Linux)、書籍の執筆

 

  • 2015年-: 千葉工業大学未来ロボティクス学科の准教授
  • 主な仕事

最近気になっていること

 

  • ロボットの体と知能の関係
    • センサやモータの配置を情報量で評価できないか。

      

  • コンピュータに対する教育
    • プログラミング以前にコンピュータや情報を
      使いこなせる指導者を増産することが必要。
    • マニアで終わらせない。
    • 「シェル芸」はそういう立場に立てる人の才能を
      見抜き、育てるツールの一つだろう。

 
一緒に考えてくれる方募集中。