仕事の総量を減らす発想の無い人間に協力してはいかんなあ。

Pocket
LINEで送る

仕事の総量を減らす発想の無い人間に協力すると、どうでもよい仕事に多くの時間を付き合わされるのは恐怖である。別にサボるわけに仕事を減らすわけではない。もっと別の仕事を詰め込むためにそうするわけで。

というか、そうやって生産性を上げるわけであるが、いったい仕事というものをどういうものとして捉えているのだろう?特に「俺が頑張ってるんだからお前らも頑張れ」と言う人がまだ存在していることは大きな損失と考える。働く動機、各個人の身体的特徴やそのときの体調は人それぞれである。

変に手伝って汗水たらし、労働の素晴らしさに目覚めたらそれこそ奴隷である。

しかし、こう書いているのは自分がそういう人を手伝ってしまうからである。

怖い怖い。

Pocket
LINEで送る

学ぶ事と生産について

Pocket
LINEで送る

学ぶ行為自体は何も産み出さないかもしれないが、大勢の人が知識を持つ事によって無駄な労働が減るんじゃないかと思う。今のGNPなりGDPの計算方法には、俗悪な生産活動みたいなものも金銭の流れになってプラスに計上されるので、こういう計算方法だと勉強することは負に働くわけで、一部の経営者が嫌がるというのも理解できないこともない。

相変わらず飛躍がひどい文章で申し訳なく。

Pocket
LINEで送る

高年齢者雇用安定法改正を受けて一言

Pocket
LINEで送る

雇用する側も雇用される側もバッシバシ辞めさせたり辞めたりした方がよい。年寄りに限らず。

説明?面倒。また今度。

Pocket
LINEで送る

宗教的組織の作り方

Pocket
LINEで送る

1. 一緒に仕事をする時に、自分の都合の悪い答えが返ってくる質問を徹底的に避ける。

2. 仕事がうまく行かなかった時に、1を利用して「俺は聞いていない」と逃げる。

3. 1と2を繰り返していると、相手も同僚に同じ態度をとるようになる。

4. 全員そういう人間になる。

ご注意を。

悪用禁止。

Pocket
LINEで送る

脱毛サロンって

Pocket
LINEで送る

何だ?ソファーに座って寛いでたら、背後からストロング金剛みたいなのにぶちぶち髪の毛をむしられるのか?

何だそれは。

Pocket
LINEで送る

人に勉強の相談を受けたら

Pocket
LINEで送る

医師のように、観察力と豊富な手段をもって、相手に合った処方を出すことが一番大事だと思う。

いや、相手に変化を起こそうとしているのだから、むしろやっていることは医者そのものと言っていい気もします。

最低なのは、なんか難しい、高尚な本を読めと言ったり、相手が知らない単語を並べて勝手にベラベラ講釈を垂れること。勉強したい人は、ウンチクを聞くくらいなら、早く勉強を始めたいことでしょう。

ソフト屋さんはそんな人が多すぎる。きっと分野が広すぎて、目の前の人が興味を持っていることをちゃんと理解することが難しいからだと思う。知識の体系の中で、自分の知識の位置と範囲を把握することも難しい。

ならば、余計に相手のことを理解して、あったものを返す力が欲しい。その力は、人でなく仕事上の課題であっても、そっくりそのまま応用できるでしょう。

Pocket
LINEで送る

ブログも

Pocket
LINEで送る

各個人の事情も考えず「◯◯しよう!」とか煽ったらそれはもう、立派な「マスコミ」ではないか。

あまり品のよいことではない。

一方、最大公約数をとって無難であっても、マスコミ的である。

別にマスコミがいい悪いは言っていないが、言っていてそういうブログ書く奴もいるので。

しかし、難しいな。

Pocket
LINEで送る