Structure and Interpretation of Computer Programs読書会23回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

3章突入。拝承。

  • なぜビギン?なぜ吠える?なぜ沖縄。恋しかったから。
  • new-<関数名>とか、acc2とか懐かしい。
  • accumulatorは本当にaccumelatorなのか。バキュームカーではないのか?
  • バキュームカーは真空を提供するのであり、臭いとするのは短絡的。人間の浅はかさよ。
  • call the cops!
  • πの求め方が凝りすぎており、だから数学者は(以下略)
  • 高田の馬場のフリー雀荘と学生ローンはセットだという思い出
  • 局所状態変数=自宅で殺人をしたときの死体。持ち出したら面倒。
  • グローバル変数は死体。

次回はExcercise 3.5

—以上—

Pocket
LINEで送る

Structure and Interpretation of Computer Programs読書会19回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

二人だと葬式みたいになる。

以上。

Pocket
LINEで送る

Structure and Interpretation of Computer Programs読書会15回目メモ書き

Pocket
LINEで送る


今回は冗談の花が咲きました。

勉強になったなあ(何が?)

  • 構造化プログラミングという言葉の拡大解釈の歴史
  • ベビースターラーメン極太はセントロニクス
  • memq → red sneak come-on
  • prints back quoteは(prints back) quoteと書いてくれ
  • We wish a merry Xmas. We wish a merry Xmas…
  • クリスマスはもうすぐだ!(歳をとって時間の流れが速すぎる)
  • caddr = 門田

次回は微分をリダクションするところから。

Pocket
LINEで送る

Structure and Interpretation of Computer Programs読書会7回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

もう、要点だけ。

  • the square procedure produces a procedureってややこしいぞ!
  • 1Bのアパートに済むと、入り口が番台。その先に湯船。
  • 第一級手続きっつーのはイギリス貴族か?

次回、エクササイズ1.40から!

Pocket
LINEで送る

sicp読書会今週は中止になっちまったい

Pocket
LINEで送る

だーおかさんの体調不良等々により今週は中止になりました。

この場を借りて言う事でもないですが、この東京という名の砂漠で、だーおかさんがどのような暮らしをしているのか、お母さんは心配です。

夜更かししてないでしょうか?夜更かしは先発ピッチャーが200球投げるのと一緒ですよ。寝ましょう。

Pocket
LINEで送る

Structure and Interpretation of Computer Programs読書会4回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

水曜にやって、やっと本日まとめ。まとめと言ってもまとめてないが・・・

  • エクササイズ1.26までやった。
  • だーおかさんがいないとエクササイズがサボりがちになる。来週は必ず出席のこと。
  • 数学用語の「法」なぞ、500年ぶりに聞いた。
  • アリッサなんとかが何かやると必ず失敗する。ろくなもんじゃねえ。

来週も水曜20:00。same time, same channelでお会いしましょう。山下達郎でした。

Pocket
LINEで送る

Structure and Interpretation of Computer Programs読書会2回目メモ書き

Pocket
LINEで送る

昨日(2013年8月28日)開催しました@AIIT。本編というより、雑談メモ。

次回は1.2 “Procedures and the Processes They Generate”から。

  • sicpを「シクピー」と呼ぶ一派がいる。
  • ニュートンラプソン法について、ど忘れしていた。説明できない。
  • 束縛変数、自由変数の区別をつけましょう。
  • C言語で関数の中に関数を書けるようになったのは、C++からの悪癖の移植。
  • 読書会後に食べた餃子うまかった。
  • (か)殿、夜中にもかかわらず顔出してくれて有り難うございます。ご足労かけました。
  • 読書会前にいらっしゃった御大、ありがとうございました。当面、物書きの仕事しかなく時間には自由が利くので、また遊びにいらっしゃってください。

ニュートン・ラプソン法(ニュートン法、ニュートン・ラフソン法)については本日おさらいしました。Wikipediaだと力学系を使って、停留点に点列が収束するかどうかむにゃむにゃと説明。これは力学系を勉強していないと理解できないのではないのか???結局、数列を作って収束するかどうかは運任せの方法なので、仕方が無いか。

Pocket
LINEで送る